カードローンを利用して30万円を借りる方法と注意点

カードローンを利用して30万円を借りるためには、どのようなことに注意して申し込みを行えばよいのでしょうか。
まず大前提として、しっかりとした信用力があることです。
年収が少ない人や雇用が不安定な人は利用限度額が低く抑えられてしまうことがあるので注意が必要です。
また、できるだけ借り入れ上限額が30万円以上の業者を選ぶということも大切です。
10万円ずつ3社から借り入れを行うことでも30万円を手にすることができますが、業者によって金利が異なったり、返済方式が異なったりと、いろいろ面倒なことが出てきます。
また、カードローンの金利というのは借入額が大きいほど金利が低くなります。
ですから、返済のことを考えると、複数の業者から少額を借りるよりも、一つの業者から全額をまとめて借りるほうが有利です。
すでに他社からの借り入れがある場合には、総量規制にも注意しなければなりません。
総量規制とは貸金業者からの個人の借り入れを年収の3分の1までに制限するという規定です。
たとえば年収が600万円の人の場合、総量規制によって借り入れが200万円までに制限されますから、すでに170万年を超えるような借り入れがある場合には消費者金融などの貸金業者からはお金を借りることができません。
ただし、総量規制はあくまでも貸金業者からの借り入れを制限するものであり、銀行法によって運営される銀行からの借り入れについては規制の適用外となります。
ですから、総量規制ギリギリまで借り入れがある場合には銀行のカードローンを利用するようにしましょう。

参考サイト:30万円 借りたい


▲pagetop