お金を借りるのに一番すぐれた本人確認書類は免許証

カードローンを新規で申し込む際には、本人確認書類の提示が不可欠です。
この点、返済能力の審査に用いる収入証明書については、借入額が一定額を超えなければ原則として提出は求められません。
一方、本人確認書類は、不正な借り入れや取引を防止するため、借入額等に関わらず、すべての申込者に提示が求められるのです。
本人確認書類というのは、免許証や健康保険証、住基カードやパスポートなどの公的な証明書類のことを指します。
氏名に生年月日、住所地のほか、顔写真が確認できるものがベストです。
この点、記載されている住所が現在の住所と違う場合には、公共料金の請求書など住所地を確認できる書類もセットで提示しなければなりません。
また、顔写真付きではない場合は、2種類の本人確認書類が求められるケースがあるほか、中には顔写真付き以外は受け付けられないケースもあるので注意しましょう。
多くの貸金業者や金融機関において、筆頭にリストアップされたり、ベストな書類とされるのが免許証です。
電話による在籍確認なしのインターネット完結の手続きや、即日発行の自動契約機で契約の場合、免許証かパスポートでないと受け付けられないケースもあります。
顔写真が必ずついており、偽造等のリスクが小さい書類であるためです。
車の運転免許がないと持てない書類ではありますが、免許を持っている方はペーパードライバーであっても、常に携帯していると、お金を借りる際に便利です。

キャッシングの知識:ブラックリストって本当にあるのでしょうか

金融機関等でよく聞くブラックリストですが、本当にそんな真っ黒なリストが存在するのではなく、正しく言えばお金を借りる時に金融機関者が必ず確認する信用情報機関に登録されている事故情報の事です。
もちろん、事故と言っても交通事故ではなく、金融機関での取引中に起こったネガティブなあまり関係者以外には知られてはいけない情報の事です。
例えばどの様な情報が事故情報になるかというと、金融機関から借り入れをした現金の返済が滞納又は遅延していたり、カードで買い物をした時や公共料金の支払いの際に、支払い予定日を一定期間遅れてしまった場合が挙げられます。
支払い予定日は、何ヶ月という期間での遅れが生じた場合に支払う意志がないとみなされ信用情報機関に事故情報として記されます。
他には多額の借り入れをして支払いが出来無くなり、保証会社等が代理で返済した時も載ります。
弁護士や司法書士が絡んでの自己破産、任意整理、もしくは民事再生を行った時です。
自己破産は自分が保有する財産を手放す代わりに債務も免責してもらえ、一旦は身軽になりますが、同時に利用者の信用も失ってしますので金融関係者からの心証はあまり良くはないでしょう。
有料ではありますが、信用機関に自分が関わった情報を知る事も出来ます。
ホームページを見て照会方法に従って情報開示入力をすると後日郵送で今の状況がわかる資料が送られてきます。
プライバシーが保護されている為、他の人は見られることはありません。

参考サイト:お金を借りる


▲pagetop